「舟を編む」と「WOOD JOB」

2018.01.13 Saturday

0

    お店は火曜日〜木曜日の3日間は定休日を頂いてまして、工房の製作を手伝っております。

    最近は単純作業の繰り返しで眠気に襲われてしまうので、インターネットで映画を観ながら作業しています パソコン

    洋画だと字幕に集中してしまうので、もっぱら邦画です。ずいぶん前に公開されていますが、良い映画だと思った2作品。

     

     

    『舟を編む』(2013年公開)

     

    出典Asmik Ace

     

    編集方針は「今を生きる辞書」。見出し語は24万語。完成まで15年の新しい辞書作りに奮闘する人たちを描いています。

    出版社に勤める主人公の馬締(まじめ)さんは変わり者とみられ、営業部員として持て余す存在でした。

    しかし言葉に対する天才的なセンスを見出されて辞書編集部へ異動します。

     

    テーマが辞書、主人公も地味だし、話の展開もすごく地味です。

    ですが編集部の人たちの会話のやりとりにどんどん惹きこまれていきます。そしてじんわりと笑えます。

    感情表現が苦手な馬締さんですが、辞書作りにじわじわと情熱を燃やしていくのが感じられます。

    登場人物がみんな良い人。なんだかんだ言いながらも編集部の人たちが馬締さんを支えてくれます。とても素敵な関係です。

    長い年月を掛けて辞書編纂に没頭しますが、急いで完成させなければならない事情がでてきます。

    とはいえ作業を一つひとつ潰していくしかない辞書作り。その苦労と奥深さが非常によく伝わってきます。

    そして数少ない友達である猫「トラ」さんとの距離感が絶妙で幸せな気持ちになります。

     

    奇しくも昨日(1/12)、新たに1万語を収録し10年ぶりに全面改訂された「広辞苑」が発売されたとのニュース。

    インターネットを使えば無料で言葉を簡単に検索できるこの時代に8500円(税別)で販売される辞書。

    この映画を観ていなければ「このご時世に辞書なんて、なかなか売れないでしょ。」と私は思ったでしょう。

    地道な作業、辞書作りに携わる人々の苦労は、書物として残すべき重みであり価格相当の価値なのだとわかりました。

     

     

     

     

     

    『WOOD JOB ~神去なあなあ日常~(2014年公開)

     

    出典東宝

     

    大学受験に失敗し高校卒業後の進路も決まっていない都会育ちの若者が、あるパンフレット表紙の美女に一目惚れをします。

    女性に会いたいという軽い気持ちで一年間の林業研修プログラムに参加するが、それはもう期待とかけ離れた世界。

    山奥の村で厳しすぎる先輩と過酷な林業の現場。耐え切れず逃げ出ようとするも表紙の美女が村に住んでいると知り、留まることを決意します。

    不真面目そうに見えるものの木を切ることにはちょっと筋が良かったり、少しづつ村の暮らしに溶け込んでいきます。

    田舎で暮らすことは、人にも自然にも受け入れられたり受け止めるまでに時間がかかります。

    そういうところがリアルに描かれていて、人とのふれあいに感動する場面もあります。

     

    数秒ですが、やや濃厚なキスシーンと下ネタあり。これをうまく削除して小学生の子供たちに是非観てもらいたい映画であります。

    とくに篠山市のような林業の担い手が不足している地域では保護者の方にも観てほしいと思います。

    農林水産省でもおすすめされています(http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/1404/movie.html)

     

     

     

    素晴らしい思ったこの2作品。

    恥ずかしながらあまり本を読まないので初めて知ったのですが、どうやらどちらも著者が「三浦しをん」さんって方のようで。

    この方の作風が自分の好みなんだということもわかりました。

    本を読む時間はなかなか持てないですが、また良い映画に出会いながら自分のお仕事も頑張りたいと思います。

     

     

    【お願い】

    工房での製作のため、平日の営業日(月・金)は午後4時でお店をクローズさせていただきます。

    お客様のご来店状況をみながらですので、午後4時以降ご来店希望の場合はご連絡いただきましたら対応いたします。

    ご不便をおかけいたしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

     

     

    【イベント&臨時休業のお知らせ】

    ママwithららぽーと× 出張!チルドリンアカデミーに出展します。

    ★1/20(土)ららぽーと和泉

    ★1/28(日)ららぽーとexpo city

    ※両日とも出展にともない、お店はお休みいたします

     

     

     

     

    NPO法人チルドリン主催の無料ワークショップもあります

     

    2018お正月〜生野銀山へ〜

    2018.01.03 Wednesday

    0

      2018年明けました お正月

      おめでとうございます。

      今年もどうぞよろしくお願いいたします。

       

       

      数ケ月振りに休みを取ってお正月3日間ゆっくり過ごしました。

      1月2日は兵庫県朝来市の生野銀山に行ってきました。

       

      生野銀山は807年に発見されたと伝えられ開坑1200年の国内有数の鉱山です。

      銀や銅などの鉱物を産出してきましたが1973年(昭和48年)に閉山されました。

      2017年には日本遺産に認定されていています。

      (ちなみに篠山市は2015年に「丹波篠山 デカンショ節ー民謡に乗せて歌い継ぐふるさとの記憶」で日本遺産に認定されています。)

       

       

      鉱石を掘っていた坑道を歩いて見学できます。

      江戸時代採掘ゾーンは小さな穴をはいながら掘り進んだ様子やノミ跡や鉱脈が残っています。

      機械のない時代の果てしない手掘り作業に驚かされます。

      風も通らない暗くてジメジメした坑道には恐怖を感じました。

      ロウソクや懐中電灯の灯りをたよりに作業していたことを想像すると忍耐しかない過酷な労働だったことがよくわかります。

      電気仕掛けの人形が作業風景を再現してとてもリアルです。

       

       

       

      近代採掘ゾーンでは明治以降に機械化された採掘法を見ることができ技術の進化を感じます。

       

       

       

       

       

      巻揚・エレベーターゾーンはその巨大さに圧倒されます。

      また地下の深さを目の当たりにすると、命の危険と向き合いながら作業していたのがよく理解できます。

       

       

       

       

      坑道内は年間を通して気温は約13℃。

      朝来市のこの日の気温は約6℃だったので坑道内は温かく感じました。

      夏の避暑にはとてもおススメです。ただし訪れる際は上着が必要です 服

       

       

      鉱山資料館、吹屋資料館、生野鉱物館など他にも見どころはたくさんあります。

      江戸時代の鉱石を掘り出す作業を再現した模型はとてもよく出来ていてました。これは必見です見る

       

         

       

      ところで牛タン定食ってなに??

       

       

      さらには坑道入口横の階段を上ると露天掘跡も見ることができます。

      歴史を感じ、自然も感じ、小学生にはとても良い学習コースでした。

      生野銀山どこも見る価値、行く価値アリだと思います グッド

      冬季は雪が降り、山道はとても険しいので積雪情報に注意してくださいね。

       

        

       

       

      そして初営業日だったこの日は、超スーパー地下アイドル「GINZAN BOYZ」との正月じゃんけん大会があり。。。

       

       

      勝ち抜き3人の中に入りまして景品のGINZAN BOYZ特製TシャツをGETしました 。

       

       

      「GINZAN BOYZ」とは今も坑道でギンギラギンギンに体を張って頑張っている総勢60名のマネキン人形たちのこと。

      外人顔のイケメンやイモ臭い和風のイモメンがあなたの心を打ち砕いてくれます トンカチ

      ちなみにワタシ好みのGINZAN BOYは伸一さん 好き

       

       

       

      ★新年の営業は1月4日(木)から

       1月中、商品1000円以上お買い上げのお客様にはお年賀粗品をお一人様1点プレゼントいたします。

      プロフィール