モノづくり×プログラミング講座

2019.09.02 Monday

0

    9月からお店の奥スペースは販売から「モノづくり」のスペースへと変わりました。

    とはいえ、商品はほとんど減っていません。 お買い物も今まで通りお楽しみいただけます。

    9月からはお店でのワークショップが本格的に始動します。

     

     

    新しく始まる「モノづくり×プログラミング」

    2020年からプログラミング教育が小学校で必修化されます。

    木工とは畑違いなイメージですが、将来プログラミングは林業にとって欠かせない分野になると思います。

     

    例えば、

    ◼️山から伐採した木をロボットが運搬する

    ◼️伐採時期を迎えた木をコンピューターで管理する

    ◼️木材の在庫や流通経過をアプリで確認する

    などなど。

     

    少子高齢化だからこそ、 人手不足だからこそ、 何かと生きづらい世の中だからこそ、

    次世代を担う子供たちが時代にあった働き方で、いろんな技術を身につけてほしいと思い始動しました。

     

    ちょっと先の夢ですが、山に入るシュミレーションゲームやロボットを使って木を運びだすプログラミングなど...

    内容も進化していきながら最終的に「木育×プログラミング」に着地したいと思っています。

     

    入会費、高い授業料は必要ありません。単発でのご参加です。

    気が向いたら、面白そうだと思った講座だけ、チョイスしてください。

     

    講師はコンピューター専門学校卒業。

    レーザー加工機から、カスタマーディスプレイから、なんでも自作してしまう電子工作大好き、変態オジサン。

    NPO法人代表の足立親方です。

     


    ------------------------------------------------------------------

     

    第1回 ロボットプログラミング (基礎2回コース)

    【日時】
    ■1回目:2019年9月15日(日)
    ■2回目:2019年9月29日(日)
    (午前の部)10時〜12時 (午後の部)13時〜15時
    ※午前の部か午後の部のどちらかを選んでください

    【定員】各回4組
    【お申込】予約制(下記WEBサイトよりお申し込みください)
    【受講料】¥7500(2回分/材料費・講師料込)
    【対象】10才以上〜大人まで (小・中学生は保護者同伴)
    【講師】NPO法人Natural Backyard Factory 足立伸也
    【場所】Natural Backyard 店舗

     

    詳細・ご予約はWEBサイトをご覧ください。

    少人数制ですので、お早めにご予約ください。

    https://naturalbackyard.jp/menu/c660419

     

    ------------------------------------------------------------------

     

    【カムプログラムロボット】
    プラモデルで有名なTAMIYAのプログラミング教材です。
    今回はコンピュータを使わないプログラミング学習で、
    動きの方向を変えるカムという部品を使ってロボットを制御します。
    ギアやパーツを1から組み立てていき、設計や仕組みを理解します。
    どのようにプログラムを組めば指示どおりに動くかを考えます。
    指示通りにうまく動かなかった時は考えて問題解決していきます。

     

     

    #丹波篠山市 #プログラミング #ロボットプログラミング 

    #子供プログラミング教室 #子育て #ワークショップ 

    ラスト ササヤマルシェ

    2018.11.13 Tuesday

    0

      2018/11/03(mon) ササヤマルシェに出店しました。

      出店者、お客様に愛され続けてきたササヤマルシェは9回目を迎えた今年をもって終了しました。
      最終回の3日間、雨なし。お天気にも恵まれ、出店した最終日は少し汗ばむような陽気となりました。

      ブースにお立ち寄りくださったお客様、ありがとうございました。

       

       

       

      2010年10月 第1回開催。

      まだお店は開業していませんでした。

      自分たちが作った木工品はお客様にどんな反応を頂けるのか…

      仕入れた沖縄の器なども並べ、町家をお借りして模擬出店。

      お客様と楽しく会話しながら販売ができ、予想以上にたくさんの方が商品を購入してくださいました。

      お店オープンに向けて自信がついたことを覚えています。

       

       

       

       

      この頃は春日神社の秋まつりと重なり、煌びやかな鋒山が通りマルシェとお祭りが同時に楽しめました。

      たまたま出店場所の前に止まった「かんこ」という法被を着た人たちの鋒山。

      数年後には篠山へ移住して息子がこの鋒山に乗り、お囃子を鳴らしているなんて当時は全く想像もしませんでした。

       

       

       

       

      2011年10月 この年は味まつりと重なり本当にたくさんの観光客で賑わいました。

      町家の土間をお借りして出店しましたが商品を見てくださるお客様で店内は常に満員で、ずっと店の外で接客をしていました。

       

       

       

       

       

      まるいのも来てくれましたね。

       

       

       

      スタッフバッジや番号のプレートなども製作させて頂きました。

      入口の大きな看板は、いつしかインスタ映えするササヤマルシェの撮影スポットにもなりました。

      (当の本人は撮影チャンスを逃し続け、一枚もありません・・)

       

       

       

       

      ワークショップもたくさんしました。

      カホンプロジェクト、エースあそびの学校、ナチュラルバックヤードで楽器づくり&演奏もしましたね。

       

       

       

       

       

      「端材のおもちゃ作り」をした時も大盛況でした。

       

       

       

       

       

      ナチュラルバックヤードは初回の出店をきっかけに篠山でお店を開業しました。
      イベントが重なり断念した2016年を除いて、8回出店させて頂きました。
      毎年たくさんの楽しい思い出を作ってきました。

      篠山市とのご縁はササヤマルシェから始まったので、私たちにとっては特別なイベントでした。


      2018年11月、ナチュラルバックヤードはお店オープン8周年を迎えます。

      ササヤマルシェで頂いたご縁、貴重な経験を糧にして9年目も一歩一歩、地に足をつけて進んでいきたいと思います。

      城下町にお店を移転してから週末は繁忙日のため、物販出店のイベントは控えてきました。

      9年目はイベントでの物販出店も少しづつ再開し、お店に留まってお客様を待つのではなく、いろんな町へ自ら出向いていきたいと思っています。

      新たなお客様との出会いや、お店を知ってもらうことにも注力していきます。

       

      原点に立ち返ること、新規開拓をやめないこと、お客様との出会いを大切にすること。

       

      最後のササヤマルシェで思い起こさせてもらった気がします。

      9年間本当にありがとうございました。

       

      ◆2010年 WEB掲載記事 「ササヤマルシェ 2010」出店を経て、新たな商店主が開業 

      //goope.akamaized.net/16453/160505223937-572b4d194c23b.pdf

       

       

       

       

       

      プロフィール