2017年ふりかえり 〜ちるみゅー城〜

2017.12.31 Sunday

0

    ブログの放置っぷりがもう年々ひどくなっていきます汗

    あっという間で2017年も残すところ1日。

    もう大晦日です。

    今年はいろんな事に余裕のない1年でした。

    それでも2017年はNatural Backyardにとって歴史的な1年でありました。

    それを代表する出来事といえば、

    7月15日に篠山チルドレンズミュージアムに「ちるみゅー城」という新しいお部屋がオープンしたことです。

    こちらの設計・デザイン・施工を手掛けさせていただきました。

    ちるみゅー城は篠山産材ひのきやスギを使用したお部屋ぜんぶが木のおもちゃの遊び場です。

    6月6日に着工して、1ヶ月と1週間余りで完成させなければならないハードなスケジュールでした。

    「ちるみゅー城」ができるまでをインスタグラムで振り返ってみました。

     

     

    ここからが始まり。

    空っぽになった教室。

    オープンまでにできるの???

    夢や期待より、ただただ不安ばかりが膨らんでいたような気がします。

     

     

     

    着工10日目から「6」荒西さんが施工に加わってくださいました。

    アドバイスを頂きながら一緒に作りあげていきました。

    仕事の早さ、正確さ、見惚れました。

     

     

     

    着工からちょうど2週間。2階建てのお城もカタチが見えてきました。

     

     

     

    その場でデザインが決まり、カタチになっていく。

     

    図面に起こそうとすると楽しい遊び場にならなくて、どんどん負のスパイラルへ。

    なので図面なし、直感でカタチを作っていくことにしました。

    もちろん図面なしというのは失敗のリスクが大きいけれど、

    ここの現場はそれよりも「面白さ、楽しさ」が勝っていたように思います。

     

     

    これもまた頭の中の構想だけで作っていくカラクリおもちゃ。

    全く思うようにいきません。失敗ばかり。

    一番大きな仕掛け、ちるみゅー城のメインとなる大型遊具。

    今までやったことのない事に挑戦しています。

    学童の子供たちは興味深々で大盛り上がり。

     

     

    「6」荒西さんの紹介でデザイナーの弓削夫妻に「ちるみゅー」のキャラクターを描いてもらいました。

    過酷なスケジュールに付き合ってくださって、想像以上の作品に仕上げてくださって、

    このお二人のご協力で、ちるみゅー城に息が吹き込まれたような気がします。

    誰もいなくなった夜のちるみゅー城でキャラクターたちが動き出しているんじゃないかと思っています。

    それぐらい楽しく素敵な世界になりました。

     

     

     

    教室に機械が持ち込まれ、ちるみゅーは第2の工房となりました。

    季節は梅雨から夏になり、暑さと湿気で汗だくの日々。

    休日はない。体力の消耗は激しい。

     

    それでも毎日ここにくると一日一日、何かが少しづつ変化していく。

    不安ばかりだった気持ちが、期待や楽しさの方が上回るようになってきました。

    この風景が好きでした。

    緑に囲まれた素晴らしいロケーションで夢のある仕事に携わることができて幸せを感じていました。

     

     

     

    2017年7月15日(土)

    篠山チルドレンズミュージアム・グラフィティ棟に「ちるみゅー城」が誕生しました。

    オープン初日から冬季休業前の12/24まで、たくさんのお友達が遊びに来てくれました。

    お店のお客様からも「行ってきたよ」とたくさんの方からお声を掛けていただきました。

     

    ちるみゅー城はまだまだ途上段階です。

    とっても複雑なカラクリに挑戦した「木のたまご工場とはたらく車」は生みの苦しみを経た甲斐あって、子供たちには大人気です。

    そのぶん利用頻度に追い付かなくて故障することも多く、木のおもちゃの限界も痛感しています。

    喜び、苦しみ、また運営や管理の難しさ、オープンから半年でいろんな経験をさせてもらいました。

    Natural Backyardにとっては2017年の大きな大きな事業、そして感謝の日々だったと思います。

     

    ちるみゅー城は、ちるキャラと共に冬眠に入ります。

    来春3月の開館には子供たちの賑やかな声が戻ってきますように。

    またお会いしましょう♪

     

    ちるみゅ城の遊具についてはWEBサイトをご覧ください。

    http://naturalbackyard.jp/free/chirumyu

     

     

    売り手とふるさと納税

    2016.07.12 Tuesday

    0

      表に出ない部分で。。。

      実は大手企業さまからの発注やお仕事や打ち合わせをする機会が多いんです。

      なかにはロスト案件になることもありますがどんな結果であれ、打ち合わせにかける時間というのは宝なんですね。

       

      ちょっとした余談から経営哲学や企業様の深い部分まで知ることが出来たり、思わぬ方向へ仕事が発展していったり。

      先日も、ある企業様と打ち合わせがありました。

      大きな市場でのマーケティング事情もいろいろ聞かせて頂いて、とても有意義な時間でした。

      そこでも話題になり、ビジネスとして注目されているのが『ふるさと納税』です。

       

      『ふるさと納税』は立場、使い方、考え方によってメリット・デメリットが大きく変わります。

      都市部から地方へ税収が流れることが目的なので、一極集中だった東京や都市部の自治体にとってはデメリットでしかないでしょう。

      お気の毒ですがここは泣いてもらうしかありません。

       

      その一方、地方で製造・販売を生業としている私たちにとっては、このチャンスをうまく活用したいところです。

      下記の通り、寄附金収入のうち半分〜半分以上は経費に充てられるケースが多いです。(※割合は自治体によって異なります)

       

       

      これも考え方ひとつで明暗が分かれると思いますが、経費が大きくて負担と思えば先は暗いです。 

      しかし、この経費の中にはたくさんのプラス要素が含まれています。

      返礼品には自治体内の企業から製品や農産物が調達されますので、自治体内でお金が回り、モノが流れ、人が流れ、地域活性に繋がります。

       

      ふるさと納税は損か得か?という議論になりがちですが、

      本来の目的である「地方間格差や過疎などによる税収の減少に悩む自治体に対しての格差是正」という構想が置いてきぼりにならないように、それぞれの立場がメリットになる活用をしたいですね。

       

      そしてもうひとつ、売り手も自治体側も寄付者側も、上手に活用したいのがメディアやポータルサイト。

      自治体を選ぶのも、返礼品を選ぶのも、数が多すぎてそれなりに手間がかかります。

      例えばフェリシモが企画している『ママのためのふるさと納税』をはじめ、世代に合わせた出版物やWEBサイトもたくさんあるようです。

      そういった媒体から寄付したい自治体を絞り込んでいくのもおすすめです。

       

       

       

      とても素敵にサイト制作をされている自治体もあります。

      こういうところから地域によって力の入れ具合や発信力の差が出てきますね。

       

      沖縄県石垣島 https://ishigaki-furusato.jp

      ダントツのカッコよさとクオリティ。

      寄付したくなるのはもちろんのこと、この場所に行きたい。と思わせる誘惑サイトっぷりがお見事。

       

       

      秋田県大館市 http://odate-furusato.jp

      おしゃれなカタログ雑誌のようなサイト。

      食材に自信があることがよく伝わってきます。

       

       

      宮崎県綾町 https://furusato-aya.jp

      まちの取り組み、人の思いが伝わってくるサイト。

      2014年度の寄附件数が全国1位、6万件超えの実力。

       

       

      羨ましいな〜、篠山も頑張ってほしい!!

      ちなみに篠山市のふるさと納税サイトはこちら⇒http://www.city.sasayama.hyogo.jp

       

      う〜ん、、、ダサイ 悲しい

      ふるさと納税やってみました

      2016.05.12 Thursday

      0
        皆さま、ふるさと納税に興味はありますか?
        今年4月からJTBのふるさと納税ポータルサイト『ふるぽ』でも篠山市の謝礼品交換がスタートしました。
        それに伴い、NBYもふるさと納税事業に参画して謝礼品を出品することになりました。



        ご覧のとおり、謝礼品といえば肉・魚・お米・お酒・果物など特産品の食材が中心ですよね。
        そんなイメージもあって、木製品の注文はほとんど無いだろうと思っていました。
        しかし、意外にもちょこちょことNBYもご注文を頂いており、滑り出しは好調。嬉しい誤算です。

        ご注文くださるのは篠山から遠く離れた県外の方々。
        生まれ故郷なのかな・・ご実家があるのかな・・篠山が好きなのかな・・
        謝礼品に選んでくださったことより、どんな思いで篠山を選ばれたのか、、、ということが気になってきます。
        やっぱり嬉しいもんですよね。

        かく言う私は「ふるさと納税」未経験者。これではいろんなことに説得力がない。
        注文の流れや仕組みを知っておく為に、初めて「ふるさと納税」してみました。




        自治体で選ぶ? 謝礼品で選ぶ?

        私は特に思い入れのある県がないので今回は九州地方で考えてみました。
        一県に絞り込むのはほんとに心苦しいですが、熊本地震の直接的な被害は少なくとも観光やホテルの宿泊予約などキャンセルが相次ぐ宮崎県を選びました。

        サイト内の「納税寄付金の申し込みフォーム」(ふるさとチョイス)よりお手続きします。
        クレジット決済であれば、なにかと手続きがスムーズです。
        そして寄付したお金の使い道を自分で選ぶことができます。





        ふるぽの特徴はポイント交換。

        寄付をするとまずはポイントが付与されます。
        申し込み後にIDとパスワードが送付されるので、マイページからログインしてポイントに応じた謝礼品を選びます。
        ポイントの有効期限内であれば、自由なタイミングで謝礼品と交換ができます。





        こちらは日本最大のふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」
        「ふるさとチョイス」を運営するトラストバンクと「ふるぽ」を運営するJTBは業務提携しており、
        「ふるぽ」からの寄付も「ふるさとチョイス」が窓口となっています。
        ココがちょっとややこしいです。




        ふるさとチョイスでは、ふるさと納税の使い道を熊本地震被災地の支援金にすることもできます。
        とても良い方法だと思ったのは、代理受付自治体への寄付です。
        これは被災自治体へ直接寄付すると復旧・復興に向けての作業と同時に、受領証明書発行業務など事務作業が増えてしまいます。
        そんな負担を少しでも軽減するべく、被災地へのふるさと納税を他県の自治体が受付代行・事務作業を行います。




        同じ兵庫県である朝来市が代理受付自治体となっているので、こちらにも「ふるさと納税」してみました。
        支援自治体も選べます。益城町と同様に大きな被害を受けた「西原村」を選びました。
        義援金の大きな窓口では、どこへ?誰に?何に使う?が曖昧で心配。
        支援が行きわたらない不公平感があるとするならば、自分で自治体を選べる「ふるさと納税」が今はしっくりときます。




        そんなこんなで、いろいろ勉強中の「ふるさと納税」
        知れば知るほど、いろんな疑問や迷いも。。。
        そして仕組が複雑で解らないことも、まだたくさんあります。
        また追々書いていきます。

        篠山市の森構想

        2016.02.14 Sunday

        0
          篠山市でこんな取り組みが始まります。
          篠山市は昨年12月に「篠山市ふるさとの森づくり条例」が可決成立し、条例に基づく森づくり構想を策定しました。
          この構想は人工管理(間伐など)を推進しつつも、そのものを最終目的とするのではなく、市民が森林を資源として利用する生活を取り戻すこと、そのための人材育成、森林に関わる文化や仕組みの再構築、そして人と森とそこに暮らす動物とが安定した持続可能な関係を築けることを目的とします。




          Natural Backyardにもこの構想への参画の通知が届きました。
          そして2月5日『篠山市ふるさとの森づくり連携ネットワーク会議』設立総会に出席してきました。
          篠山市長のごあいさつから始まり、議会と記念講演の二部構成。  




          記念講演は 林材ジャーナリストの赤堀楠雄さん。
          〜「温故知森」の森づくりを考える〜 をテーマにお話ししてくださいました。
          お話の中には、それぞれの立場で活かせる森へのキーワードがたくさんありました。
          少しづづですが、ブログでお伝えしていきたいと思います。

          中でも印象に残ったのは、森のようちえんのお話。
          鳥取県智頭町には「まるたんぼう」という森のようちえんがあります。
          施設の中で過ごす幼稚園や保育園と違って、その名のとおり自然という野外空間で毎日を過ごします。
          そこには危険や厳しい環境に遭遇する事もたくさんあり、その自然シグナル(危険)に敏感になることで子供たちは日々成長していき、負けない心、たくましさ、気遣いを身に付けていきます。



          そのお話で木製品にも共通点を感じました。
          例えば積み木、やさしくて温かみのある印象ですが考えてみればただの木の塊。
          崩れることを前提に木を積み上げるという、実は積み木ってとても危険なおもちゃなのかもしれないと思いました。
          実際に息子がまだハイハイ時期だった頃、体勢を崩し積み木の山に顔を突っ込んでしまい、目に傷を作り病院に行ったことがあります。
          その出来事があったからNBYが作る積み木は、ぶつけても衝撃が少ないように軽量の木材を使用し、角を丸く仕上げることを一番大切にしてきました。

          危険だから排除してしまうのではなく、危険だと知ったらどう対処するのか、、、
          ぶつけて痛い気持ちを知ったら、人に向けて投げてはいけないということに気付く。
          人の肌のように、木も乾燥するとカサカサしてくる。木のささくれが指に刺さってしまうかもしれない。
          それはお部屋の乾燥状態を示してくれたりもするし、木をケアする優しさが生まれる。
          木製品もまさに「自然シグナル」を通して、いろんな気遣いを教えてくれるんだと感じました。

          会議には森や教育に関わる専門分野の方が集まり、親方さん欠席のなか独り、重々しい空気に着席。
          「私たちに出来ることがあるのだろうか、、、」と少し戸惑いました。
          しかし会議を終えてみて、場違いな自分達が入ることで森と縁遠い人たちや、お店の主体である若いママさんやパパさん、子供たちに森と日常を繋げる役割が出来るのかな、、、と思いました。
          商品にも活かしながら、微力ではありますが、これから始まる森構想をお客様にお伝えしていけたら良いなと思います。

          カタログ配布開始

          2015.08.12 Wednesday

          0
            『こんにちは、ひょうごっこ』のギフトカタログ配布が7月最終週から始まりました。
            すでにお手元に届いている方もいらっしゃいますね。
            当ブログやホームページにも、検索キーワードからのアクセス数が非常に多くなっています。
            なかでも「カタログが届かない」というキーワードが結構多いです。

            こちらで解っていることを少し補足しておきますね。
            平成27年1月から12月中にお子様が生まれたご家庭に、 ギフトカタログを進呈する兵庫県の子育て支援事業です。
            ★平成27年中に誕生した第1子・第2子には1万円相当、 第3子以上には3万円相当のベビー用品をカタログから選べます。
            ★カタログ配布方法は以下の2種類です。
            (1) カタログ請求用紙が送付されます( もしくは保健師の家庭への訪問の際に配られます)ので、 カタログを申し込んでください。
            (2) 一部の市町では、カタログ自体が送付されます。(もしくは、 保健師の家庭への訪問の際に配られます)

            送付は7月28日より始まってますが、 おそらく1月生まれの方から順次手配を進めてると思いますので、 まだ手元に届いていない方がいらっしゃると思います。
            自治体によってお届け期間に誤差があると思いますので、 もし同じ月生まれで別のご家庭に届いていても焦らず気長に待って みましょう。

            今年度初めてのプロジェクトなので自治体の調整もなかなかスムーズにいかないかもしれませんが、こんな粋な子育て支援事業があるなんて兵庫県の新生児ママさんはとってもラッキーですねラッキー
            この支援事業が次年度にも続いて「兵庫県で子育てしたい!!」と思える意義のあるものになればいいなと願っています。

            また、この事業の対象外であってもギフトカタログの中身がすごく気になりますよね。
            公式サイトが出来ていますので、どなたでもご覧いただけます。
            ご友人の出産祝いに何をしようかと迷ったら、こちらのサイトを参考にすると喜ばれるベビーギフトがたくさん掲載されていますよ。

            「こんにちは、ひょうごっこ」フェリシモ公式サイトは下記から↓


             
            〜2015年 お盆期間営業について〜
            8月13日(木)〜16日(日)は休まず営業いたします。
            【営業時間】 午前11時〜17時

            8月15日(土)、16日(日)は篠山デカンショ祭につきナイター営業いたします
            15日(土) 11:00〜20:00まで営業
            16日(日) 11:00〜19:00まで営業
            ※デカンショ祭が雨天中止の場合は17時で閉店

             

            ベビーギフトカタログ

            2015.07.21 Tuesday

            0
              皆さま、兵庫県のこんな取り組みをご存知でしょうか?
              子育て支援事業として27年中に赤ちゃんが生まれた家庭を対象に、第1子・第2子には1万円相当、第3子以上には3万円相当のベビー用品が選べるギフトカタログが贈られます。
              それが『こんにちは、ひょうごっこ』
              生後4カ月までの赤ちゃんがいる家庭へ保健師が訪問をする際にカタログを配ります。
              この取り組みは、赤ちゃんの発育状況や育児の悩みや不安を直接確認することと、虐待などによって保健師との面会拒否を防ぐ対策に役立てられます。
              なので家庭訪問を受けなかった場合はギフトカタログを受け取ることが出来ません。




              ギフトカタログは『フェリシモ』が兵庫県からの委託を受けて事業を代行しています。
              フェリシモさんは兵庫県神戸市に本社をもち通販カタログでは女性に圧倒的人気の企業です。
              カタログで取り扱うベビー用品も兵庫県内の企業で選定され、まさに「まるごと兵庫県」な支援事業なのです。
              その中でNatural Backyardも、木のおもちゃ3点を採用していただきました。




              冒頭のページにも、たくさんのベビー用品の中からNBYの積木もピックアップしていただいてます 拍手
              有名メーカーの選りすぐり商品から、企業として個人としても活躍されている方の企画モノまで。
              見ているだけで本当に楽しいカタログです。
              こちらはプロジェクトが本格的に始動したらインターネットでもご覧いただけます。
              新生児ママご本人でなくても、ご友人への出産ギフトを何しようか??と迷った場合にとても参考になりますよ。
              WEBサイトはまたお知らせいたしますね。




              小さなお店をフェリシモさんが見つけてくださって、ありがたいことにプロジェクト参加のお話を頂いて、数か月前から準備を進めてきました。
              なので今年は「新生児」という言葉が自分の中でキーワードになり、息子の乳児期を思い出すことが増えました。

              陣痛から29時間の超難産で生まれてきた息子。
              いろんなトラブルが重なり、感動的とはとても言えない誕生でした。
              1歳を迎える直前には喘息を発症して入退院を繰り返し、初めての誕生日は仮退院のバタバタの中で迎えました。
              その後も1年、自宅での吸入器治療と病院通いが続きました。
              自宅治療が完療して、子育て環境を変える転居、自宅のリフォーム。
              そこで木工と出会い、お店開業へ突っ走ってきました。
              篠山に軸を移し始め、2人目が欲しいと強く願った頃には私自身の出産適齢期は超えてしまい授かるチャンスが巡ってこない。
              そんな状況で、今までの自分に悔いては堕ちることもたくさんあります。
              息子に兄弟を作ってあげることは出来ませんが、意外と子供の方がその現状を冷静に受け止め、わりきっているようです。
              いろんな我慢をしている息子には頭が下がりますごめん

              「ひょうご生まれのモノたち」を届けて、発信していくことが、自分の使命なのかな。。。
              と少しづつ気持ちを切り替えていっています。
              ギフトカタログを受け取る側にはなれませんが、作り手側として頑張っていきます。
              「篠山にこんなお店と木工房があったんだ。。。」とたくさんのママさんに知って頂けたら幸いです。

              保健師の家庭訪問が終わっている新生児ママさんもご安心ください。
              配布方法を各市町村で調整が行われ、7月下旬より皆様のお手元に届きます。
              新生児ママさん、平成27年出産予定のマタニティさんは、楽しみにお待ちくださいねうれしい
               
              プロフィール
              1