丹波市・大雨災害ボランティア(8/20)

2014.08.21 Thursday

0
    昨日は工房スタッフ総出で、市島の災害ボランティアに行ってきました。
    ボランティアセンターで受付を済ませ、ボランティア保険に加入してから派遣先を指定してもらいます。

    偶然にも派遣されたところは前日様子を見に行った製作担当の親戚がいる地区でした。
    おばあさんに連れられてよく遊びに行った、思い出の場所です。

    リフォームなどの経験上、それなりにスキルがあるということで、小野市からきた中学生のソフトボール部24名の引率を任されることになりました。

    地区の会長さんとしては男手が欲しかったと困惑の様子でした。
    しかし、侮ることなかれ体育会系女子!!
    すごい持久力と忍耐力。
    泥まみれになりながら、過酷な労働作業を元気一杯こなしていました。
    年齢や性別で判断するのものではないですね。





    こうして中学生と一緒に土砂崩れの被害を受けた5件のお宅を、グループに分かれて泥かきしました。
    しかし、果てしないです。
    まったく先が見えていません。













    年配のご夫婦が自分たちでも作業しつつ、ボランティアの方を気遣いお茶を出したり、ご苦労は絶えません。
    これがまだまだ続けば、いろんなものが尽き果ててしまいます。



    長期に渡ってボランティアが必要です。
    青い旗丹波市ボランティア災害センター


    今日から通常業務に戻り、製作と販売に専念いたします。
    コメント
    コメントする
    プロフィール