新設・山倉の完成です

2016.04.04 Monday

0
    2016年3月30日(大安)
    老朽化した2つの町(下二階町・魚屋町)の山倉が新設され、竣工式がおこなわれました。



    ここには毎年秋に行われる春日神社祭礼の鋒山が納められています。
    こちらは旧山倉。建ててから100年〜150年ほど経っているそうです。

     

    昨年10月の秋まつりが終わり、その長い役目を終えた旧山倉は解体されました。
    解体式の様子です。お疲れ様でした。
    長い間、ありがとうございました。



    そして今年春、山倉が完成しました。
    旧山倉は中の様子を見ることが出来ませんでした。
    新山倉は扉がガラス仕様になり、鋒山を観覧することができます。
    画像では伝えきれない高さ、実物は圧巻です。

     

    扉を支える柱は檜の木。
    倉の中の柱、梁、棟、扉は杉の木。
    屋根瓦は日本瓦。
    日本遺産、ユネスコ創造都市にふさわしい、伝統的な建築で新しく建て直されました。

      

    建て替えの際に工房は、足場など裏仕事でお手伝いさせて頂きました。
    伝統文化を引き継ぎ、新しく生まれ変わるタイミングに関わることが出来て光栄です。
    貴重な経験をさせていただきました。
    こちらの山倉は商店街のなか、お店から近い場所にあります。
    雪岡市郎兵衛茶屋さんの目の前ですので篠山にお越しくださった際にはぜひご覧ください。


    【4月30日まで紙雑貨10%OFF】
    新年度、新学期、新生活のスタートに向けて『倉敷意匠』や『水縞』など紙雑貨を10%オフいたします。
    新生活のご挨拶にメッセージカードやレターセットを、、、
    新学期に備えてノートやメモ紙を、、、
    新年度のスタートに領収書や事務スタンプなど。
    ぜひ、この機会にお買い求めください。



     
    コメント
    コメントする
    プロフィール