どうする?こどもの乳歯

2020.02.16 Sunday

0

    我が家の息子は中学1年生。

    奥歯の乳歯がグラグラしているのに、なかなか抜けず。

    食べてる時の違和感、噛んでしまった時の痛みがストレスになっていました。

    その期間がとても長く感じたのと、永久歯が生えてきているのに乳歯が居座ってしまったら悪影響だな〜と思い、歯医者さんに診てもらったらその場で抜くことになりました。

     

    お子様の乳歯、みなさんどうしていますか?

    昭和生まれは、下の歯が抜けたら屋根に向かって、上の歯が抜けたら縁の下に放り投げるのが一般的でした。

    もう15年以上経ちますが、雑貨店の物流倉庫でピッキングのバイトをしていた時に乳歯ケースという商品があることを知りました。

    「えっ!!乳歯って残しておくの??」

    乳歯を放り投げて育ってきた私には、なかなかの衝撃でした。

     

    息子が生まれて歯が抜け始めた頃、とりあえず乳歯ケースに保管することにしました。

    小さい頃は抜ける度に私が保管していたのですが、小学生になってからは「乳歯ケースに入れときや〜。」と。

    まぁ残しても残さなくても、どっちでもいいや。という感じで息子に任せてました。

     

    歯医者さんが袋に入れてくれた乳歯を放置したままだったので、保管しようと久々に乳歯ケースの蓋を開けたら。。。

    すごい増えていてびっくり。

    意外にも、息子は抜ける度に自分でちゃんと保管してたんだな〜と。

    あらためて息子の乳歯たちを見ていると、3ミリぐらいの小さい前歯から1センチぐらい大きくなった奥歯まで。

    乳白色だった可愛らしい歯から、最後の乳歯であろう今回抜いた歯はややドス黒い色へ。

    乳歯から見えてくる成長がとても面白くて、残しておいて良かったな〜と感じる瞬間でした。

     

     

     

     

    そんなわけで乳歯ケースです。

    木製で動物や男の子や女の子がデザインされていて、小さくてとても可愛いです。
    昨日、「バレンタインデーのお返しにいいね〜」とお客様が購入されました。
    帽子の部分がフタになっていて、ピアスやイヤリングを保管するのにピッタリ。

    中はゴムパッキンが付いているので、しっかりと閉まります。

    おっしゃる通り、乳歯ケース以外の用途にもおすすめです。
    ¥480(税別)とお手頃価格。
    プチギフトにもちょうど良いです。

     

     

     

    コメント
    コメントする
    プロフィール